HOME > 物流業務
物流業務 -DISTRIBUTION BUSINESS- 全国を結ぶトランスポート体制をますます充実していきます。
ロジスティックシステムの中核を担い、
メーカーと販売店を結ぶ
新しい物流システムを開発しています。
時代に求められる新しい物流システムを考え続けます。
昭和60年10月、日清食品の全額出資により設立された日清エンタープライズは、日清食品物流部門の要として、グループ発展の原動力となってまいりました。
また、約6,000平方メートルの規模を誇るトランクルームを設備するなど、社会のニーズに応じた新しい事業分野へも積極的に進出しています。
これからは、さらに迅速、確実な処理を行うため、高度な情報処理システムを構築し、物流の未来を切り拓いていきます。
物流システム
日清食品グループが推進するロジスティックシステムの中核を担い、メーカーと販売店、生産工場と物流拠点(倉庫)を結ぶ新しいシステムを開発します。
多品種、小ロット化が定着し物流システムも高速化、多様化、高度化が求められるなか、物流、技術、情報を結んだネットワークを構築し迅速で効率的な倉庫機能とトランスポート(輸送)機能を組み合わせた物流サービスを提供します。
また高度な情報システムを駆使したシステム物流を展開し企業提案型ロジスティックを目指します。物流の環境にやさしいトランスポート体制に取り組み、モーダルシフト化を推進していきます。
自動搬送システム
倉庫内では上の階の荷物をエレベーターから自動で積み降ろす自動搬送システムLIFCON(リフコン)を導入、作業の合理化、省力化を進めています。
【写真】自動搬送システム
集荷配送
大規模な集荷配送が可能な倉庫。積み降ろしをはじめとするひとつひとつの作業にも、安全に気を配っています。
【写真】集荷配送
物流業務
法人向けトランクルーム オフィスの書類をお預かり致します。
品質マネジメントシステム審査登録制度にて取得